うっとうしいタグ ♬トマト・クリームチーズ・クランベリーパン♬

ありま日常

こんにちは! 『ありのままシニア夫婦の日常ラジオ』はじまります。

今回の放送はチーさんです。

ヒーさん
ヒーさん

アシスタントはヒーさんです。
うっとうしいのは新型コロナと梅雨にしてくれ~

新しい洋服を買うとウキウキして、着るのが待ち遠しいですよね。さっそく着て、ちょっと浮き足だって一日の行動開始❗️

でも30分も経たないうちに、何だか首の後ろがチクチクヒリヒリ刺激される…こんな経験ないですか?

ヒーさん
ヒーさん

あるよ。ありますよ。
タイの郊外のホテルで夜中にトイレに入ったら、セミみたいに大きなG(みなさんご存知)がポンって首にとまったときね。
OMG、ヘルプミー(´;ω;`)

痛いような痒いような、そのうち気になってしかたなくなり首の後ろを掻いて傷になったり…

ヒーさん
ヒーさん

恐怖で死ぬかと思ったぁ。あの感触がまだ首に残っているよ。6本の足でガシッて首につかまっているあの感じね。brrrrrrr(´;ω;`)

ヒーさんみたいな恐怖の体験ほどではないけど、私の場合のこの犯人、洋服の襟元に縫い付けられてるブランドタグ❗️なんですよねー😡

ヒーさん
ヒーさん

良かったねぇ、足が生えていなくってね。お~コワッ!

私、このタグが子供の頃から大嫌いです。

これって本当に必要なのかって、いつも思います。

ヒーさん
ヒーさん

必要だからついてるんじゃないのぉ~?
だってさ、そのタグのブランド名がメッチャ大切だったりするんじゃないのかな。

わざわざここに付けなくとも、必要なら取扱表示なんかが縫い付けられてる腰の辺りで良いのに…というかブランドタグ必要ない❗️とさえ思います。

ヒーさん
ヒーさん

いやいやいや、きっととても大切だと思っている人いるんだよ。
さりげなくブランド自慢したい人とかね。

だから最近は、洋服を新調したら、すぐにタグを触って、硬くて痛そうなタグだったら先に取っちゃってます。

ヒーさん
ヒーさん

オレのは取らないでね。ブランドアピールが出来なくなるから。

チーさん
チーさん

大切に思っているのはあんたかい!!

かなり頑丈に縫い付けられてるので、老眼の身には取るのも一苦労です😫

普通のハサミじゃダメで、裁縫用の握りバサミの先っちょを使って、根気よく糸を解いていくしかないのです。

時には布地にまでハサミを入れてしまい、生地を破ってしまった経験もあり、そんな時はますますタグ嫌いに拍車がかかります。

ヒーさん
ヒーさん

それで生地やぶっちゃったらアホ草って感じでやってられないね。

チーさん
チーさん

そうよ!最高にイラついてるから、その時は気を付けてね。

ヒーさん
ヒーさん

ワオ!なんか注意喚起の旗でも立てておいて。マジでお願い。とばっちり食いたくないもん。

チーさん
チーさん

そういう空気は、夫として察するのよ。わかる?

でもこのタグって、洋服にこだわりがある人にとっては、ブランドの証しでもあるようですね。

以前、ヒーさんがリーバイスのジーンズを買った時、ポケットの上に縫付けてある茶色い皮のタグ⁈が邪魔だろうと剥がしてしまったことがあったんです。

ヒーさん
ヒーさん

あの時はねぇ。
あまりの悲しさに笑うっていう経験したよ。
呆れて悲しすぎると人間笑えるもんだなって。

そのタグにはリーバイスの品番⁈みたいなのも印字されてたようで、そこにジーンズの価値を感じて買ったヒーさんに悪かったと後悔してます。😱

タグってそんなに価値があるものなんでしょうかねぇ。少なくとも私が着るプチプラ衣料にはタグつけないで欲しいです。

最近、ユニクロなどでは、タグに替えて生地に直接プリントしてあるTシャツが多くなり、私としては大歓迎👍ますますユニクロのヘビーユーザーになりそうです。

スポンサーリンク

<今日の一品>

♬トマト・クリームチーズ・クランベリーパン♬

仕込み水をトマトジュースにし、クリームチーズとクランベリーを包んで焼きました。

この組合せ、大好きです。ワイン🍷のお供に最高😄

ヒーさん
ヒーさん

コレ、間違いないやつね。

チーさん
チーさん

そう。間違いないやつ。
クルミとかイチジクとかもジワッて美味しさ感じるけど、コレは直球で感じるわよね。

 

ヒーさん
ヒーさん

だよね。やっぱりパン屋さんでも人気あるよな。値段もそこそこするし。
これ朝食の時は、朝からニンマリって感じになるよ。

 

チーさん
チーさん

良かったじゃん。奥さんに感謝してよ。

ヒーさん
ヒーさん

感謝してるよ。心でね。

チーさん
チーさん

感謝は目に見える形でね。
よ・ろ・し・く・ね。

ヒーさん
ヒーさん

黒崎検査官かい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました