『宮古島』シニアのビーチリゾート~全食事~

ありま旅行

シニア夫婦のビーチリゾート旅、宮古島での食事は『ゆめたび宮古島版【観るガイドブック】』や『しげ旅』といったyoutubeチャンネルの情報をもとに選ばせてもらいました。
両チャンネルさん大変役に立ちました!どうもありがとうございました。

youtubeチャンネルを見ながら、チーさんと『このお店いいんじゃない?』『ここの料理が美味しいらしいよ』『ライブはどうかな?』など情報を集めては候補をリストアップしていきました。

宮古島の夏のピークでは、夕食難民が溢れるという情報もあったので、旅行前に予約を入れようとしたけど、既に満席です!という店もありました。予約を入れたものの、直前に
『お店のスタッフにコロナが出てしまって、10日間お休みになってしまいました。ほんとにごめんなさい』
なんて連絡が来たり出発までバタバタでした。

今回は全日程の食事全記録を整理してみました

1日目(移動日)
 朝 自宅
 昼 空弁(羽田で購入、飛行機内で食す)
 夜 あかがーら 民謡ライブ居酒屋
2日目
 朝 ホテル
 昼 地元スーパーで買ったお弁当とパン
 夜 宮古牛焼肉 玉城 宮古牛が食べられる焼肉
3日目
 朝 ホテル
 昼 ジプソフィーラ ソーキそば
 夜 島おでんたから 
4日目 
 朝 コンビニで買ったパン
 昼 朝のコンビニで買ったパンの残り
 夜 琉球王国 さんご家 居酒屋
5日目
 朝 ホテル
 昼 ジューシーおにぎり 地元スーパー購入 飛行機内で食す
 夜 冷麺 帰宅して

1日目

朝食は自宅で済ませてから羽田に向けて出発でした。これはどうでもいいですね。

昼食は羽田で買った空弁を飛行機内で食べました。空弁を空で食べる、この当たり前が妙に嬉しい。ドリンクサービスのカップがキメツだったので、おこちゃまには喜ばれるだろうな、でもシニアは反応が薄くて残念だななんて思いました。

夜は予約していた、民謡ライブ居酒屋『あかがーら』です。
19時30分からのライブでは、「ハイサイおじさん」「涙そうそう」などポピュラーな歌から、「みやこまもる君の歌」など楽しい参加型のライブでした。
「オリオンの生」、「ジーマーミ豆腐」、「むらさきいもサラダ」、「グルクンチャーハン」、「フーチャンプル」など、味は濃い目でしたがどれもとても美味しかったです。みやこまもる君の歌が未だ耳から離れません。

夜食に買ったスナック菓子とノンアルビール。でもお腹一杯でノンアルビールしか飲めなかったです。

夜食

2日目

朝食は、ホテル内のレストランで食べました。書き込みでもよい評価のおしゃれなお店です。ブッフェではなく、フィックスメニューですが、シニアのお腹には十分な質と量でした。スタッフの方も明るくて、朝から元気がチャージできるお店でした。

昼食は新城海岸で買ってきたお弁当を広げてのランチです。こういう昼食が性に合うし、二人の意見も合うんですよね。チーさんは「しあわせのバナナパン」で、私が「ジューシー弁当」。ジューシーは沖縄地方の炊き込みご飯です。水筒の冷水にシークワーサーを絞り飲みました。デザートは完熟の「島バナナ」です。ローカルフードを揃えた安上がりの良いランチでした。

夕食は「宮古牛焼肉 玉城」さんです。シニア年齢に近づくにつれて焼肉から遠ざかっていました。気持ちは食べたくても、胃袋が付いて行かない感じです。しかし、せっかく宮古島に行くのだから評判の宮古牛を食べておこうと言うことでこちらを予約しました。珍しく、ほんとうに珍しくちーさんが『この肉美味しい』って言ってくれました。これ多分、結婚してから焼肉を食べて数回しか聞いたことがない貴重なコメントだと思います。(笑)。確かに、とろけるような肉が美味しくて、シニアでもこのクオリティでこれくらいの量ならいけるねというのが感想でした。昼間の疲れも吹っ飛んだ感じです。

3日目 

本来は八重干瀬(やびじ)シュノーケリングツアーの予定でしたが、荒天で中止となってしまったので、4日目に予定していた島めぐりをすることにしました。

朝食はホテルにさせてもらいました。前日夜に急遽オーダーして食べさせてもらいました。

昼食は伊良部島の真ん中あたりにある『ジプソフィーラ』さんでソーキそばです。
お昼の営業時間の真っただ中なのに、準備中の札が入り口に下がっています。変だなぁ、お店の人がやり忘れているのかな?と思い、電話してみたらソーキそばだけならありますですって。どういう事~? マスターに聞くと、地元の人は準備中でも全然平気で入ってくるとのこと。札の意味ないじゃない~(汗)。
今回、最初で最後のソーキそばになりました。ソーキもたっぷり、肉がホロホロでメッチャ美味しかったです。やっぱり本場は違うわ~。アーサはサービスで乗せてくれました。ありがとうございました。

夕食は、宮古島に旅行した人のほとんどが紹介している「島おでんたから」さんです。これも、よく予約が取れたなぁ~と我ながら感心です。まぁ、時間をずらせば入れるようしたが、ゴールデンタイムは予約でいっぱいでした。
オーダー必須の「おでん盛り合わせ」あとはなんでも美味しいようなので、「豆腐よう」、「フーチャンプル」、「もずく酢」、「島とうふ」、「たこわさび」わさびがたっぷりでつ~んと辛い~。〆に「宮古島みそのおにぎり」おっきい!こんなに頼んでチーさんオリオン生を飲んで値段は4千円ちょっとです。コスパ高すぎですね。

4日目

3日目の中止となった八重干瀬ツアーを取り戻すべく、別なツアー会社でなんとか八重干瀬ツアーをねじ込みました。船で沖のサンゴ礁まで出かけるので、朝ごはんはコンビニのパンで軽く済ませます。船酔いなったらサンゴ礁を汚してしまいますもんね(汗)

素晴らしい八重干瀬のサンゴ礁から戻り、昼食は朝のパンの残りや『雪塩』のソフトクリームなどで済ませてしまい、中の島ビーチで再びシュノーケリングで、もうくったくたな状態でした。

最後の夜は『琉球王国 さんご家』さん。居酒屋で沖縄、宮古島の料理がリーズナブルな値段で食べられます。ここでもチーさんは迷わず一択「べにいももち」あとは、「タコライス」、「ミミガー」、「宮古牛モツ煮込み」などなどです。名残惜しいですが、これで宮古島の夕食は終了です。満腹で満足でした。

5日目

最後の日、移動日です。お昼の飛行機で宮古島ともお別れです。

朝食はホテルで海を見ながら朝食を食べました。
早い時間にチェックアウトして、お土産を買うために「あたらす市場」に向けて出発です。
そこでお土産編で紹介した大半を調達しました。このお土産のおかげで、帰宅後もしばらくは宮古島を懐かしむことができました。
昼食は「あたらす市場」で購入した、「ジューシーおにぎり」、私はセットです。もちろん飛行機が飛び立ってから窓の外に広がる宮古ブルーの海を眺めながら食べました。しみじみ美味しかったです。

夜は無事帰宅できて疲れていたので、生めんの冷やしラーメンを食べて終わりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました