シニア夫婦 美味しいパンを探さんぽ 第20回 武蔵小杉『ブーランジェリー・メチエ』

ありま日常

こんにちは!『ありのままシニア夫婦の日常ラジオ』はじまります。

今回の放送は、最近寝る前に翌日着るものをちゃんと準備することが習慣になっているヒーさんです。

チーさん
チーさん

何、今更できるようになったの?

ヒーさん
ヒーさん

だよね。自分でも不思議で、翌日の天気と気温を見て下着、靴下、ハンカチ、ハンドタオル、マスク、ワイシャツ、パンツ、上着、コートまで決めてから寝る!みたいな。どうかしちゃったよ(笑)。

チーさん
チーさん

自分で何言う~!

ヒーさん
ヒーさん

人生60年でこんなにちゃんと用意するの初めてだよ。還暦で一周して初心に戻ったかな?

それはどうでもいいので、お待ちかね?シリーズ20回目地元は武蔵小杉からご紹介!

チーさん
チーさん

お待ちかねって思ってるのヒーさんだけかもよ。でも、そんなの気にしない人だもんね。幸せでいいね~

今日の探さんぽのお店 ブーランジェリー・メチエ

ここのところ、横浜中華街や青葉区とか横浜市に偏ってましたが、林立するタワマンで有名になった川崎市のムサコこと武蔵小杉にも『食べログパン百名店EAST』にエントリーされたお店があります。それが、『ブーランジェリー・メチエ』です。ホームページがないから食べログ記事をリンクしました。

ほうら、お店の看板がまた読めない。皆さん読めるのかな?読めるんでしょうね。昭和30年代生まれのシニアには読めないのでフリガナをお願いします。お店の名前の意味を調べると”パン職人の店”みたいな感じらしいです。

食べログの口コミを読むと、お店が小ぢんまりしていて狭いので、外に列を作って入店待ちになるらしい。そんなの、探さんぽとしては当たり前田のクラッカーってことで、訪れると案の定、、、

天気も良くて寒くなかったので、店の外からガラスに顔を近づけて(怖)パン定めしていると、あっという間に順番が来ました。

迷いに迷って選んだ4種

『パンはその日のうちに食べるべし!』が私たち”ありのままシニア夫婦”の方針としているので、あれも食べたい、トレーにポン。こっちも食べたいトレーにポン。という以前のような買い方はしません。お店の方がたじろぐほどの気迫でパンを選んで購入する、そして一番美味しいタイミングで味わい食べる。これが探さんぽ道なのです。

そして選んだのはこちらの品々です。

クリームホーン 179円

チーさんが、これが看板商品らしいよ!限定らしいよ!と耳打ちしてきました。もうそれ聞いちゃったら買うしかない。最上段の棚に静かにそして堂々と並ぶクリームホーンをまずはチョイス。見た目が私ヒーさん的には若干ヒク~(汗)。いもむし系が苦手な私は、それを彷彿させるフォルムが、今こうして写真で見ていても、体の奥の方がザワツクんです。(-_-;)

オリーブ&チーズ 230円

こちら、チーさんとガチ対決。どちらが美味しパンを見抜く力があるかです。私の推しパンは、定番中の定番。安定のオリーブ&チーズです。どうです?今にもチーズが香ってきそうでしょ?そしてチラッと覗いているオリーブ。これ間違いないでしょ!

カボチャ&チーズ 250円

チーさんは季節限定の商品を選択。カボチャに惹かれたそうです。おいも系が大好物だからね。でも、どんな風に仕上げているのかな?
スープや煮物で知るカボチャの実力がどのように活かされているか気になるところです。

バゲットプティ 126円

そしてチーさんに、ヒーさん必ずと言っていいほどバゲット選ぶよね。そうです。同じカテゴリーのものを選んで食べ比べると、お店ごとの違いがよくわかるじゃないですか。だからです。食べきりのプティサイズのバゲットって、私たちシニア夫婦みたいなか細い胃袋にはうれしいよね。

チーさん
チーさん

か細くなってりゃうれしいけどね。

ディナーの主役はメチエ

別の日の放送になりますが、お昼は創作中華だったので、メチエのパンは夜に食べることになります。チーさん、別メニュを考えていたようですが、パンには合わないので止めました。確かぁ~サバの文化干し?アジの干物?みたいな、、、、そりゃ合わないわな。

じゃ、私何も作らないよ!と早々と宣言したので、サラダのみでいいよ!と言い切りました。夕食の手間が省けるし、好きなパンをメインで食べられるということで、チーさんも手放しで賛成!

夕食にカットしたパンをこんな風に並べて出すと、チーさんは当然ワインです。もう、この手のものを目にすると、ワインワインうるさい。コルク栓の抜栓は、チーさんお抱えにわかソムリエ、私の役目です。

シュポーンと景気良い音をさせて抜栓して、コプコプコプとグラスにルビー色の液体を注ぐと、ワインの香りがパンの上を漂ってきます。こうなるとチーさんはもう、怪獣に変身なので放っておき、私も一つずつパンを味わいます。

そうそう、ちょっと前に買い置きしてあったカマンベールチーズを『カマーン』って呼んで、厚切りでかじりつきながらパンを食べます。最上級の幸せですね。チーさんは猛獣と化しているので、変な唸りを挙げてパンとワインを交互に口に入れていました。

メチエのパン 美味しいじゃないですか!

季節限定のカボチャを選択したのはチーさん定番のオリーブを選んだのは私でした。食べ比べは圧倒的にオリーブが美味しかったです。でも、カボチャも全然侮れなくて、口に入れた最初は、『あっカボチャ』ってなりますけど、嚙みこんでいくうちに、カボチャの甘さと香りがジワリとしてきて、パン生地の美味しさと相まって、柔らかい優しい味が広がるんです。結果的にやっぱりカボチャ美味しいねとなりました。

バゲットはプティだけあって小ぶりでしたが、しっかりバゲットしていて、周りの硬さもパリパリとしていて、中もしっとりが強めで粉の香りもあり、かなり美味しいと思えました。これにカマンベールチーズが加わると最強って感じで、私も久しぶりにワインが飲みたくなりました(笑)

今日のディナーはクリームホーンのデザート付き 

そして、デザートだねと言って、最後に取っておいたクリームホーンですが、もやはスィーツ。

温かい紅茶を入れて、本当にデザートとして食べたのですが、カスタードの濃い味と周りのデニッシュ生地のサクサクまるでミルフィーユ食べてるかの如くでした。

いやぁ、マジでレベル高いですね。我が家から近いしリピ確定です。

チーさん、パンを買う時も全力、そして食べるのも全力だったので、疲れたんでしょうね。9時前に眠い眠いと言ってました。

ほぼパンだけの夕食になってしまい、栄養バランス的にはあまりよくなかったかもしれませんが、パンとワインとチーズといった小洒落た響きの夕食は、実は準備も片付けもらくちんで、美味しいパンと共に束の間の幸せ時間を味わいました。

チーさん
チーさん

こういうパンを食べちゃうと、自分のパンの腕の未熟さに打ちのめされるわ~

ヒーさん
ヒーさん

めげることないよ。仕事として焼いているプロと趣味で焼いているアマの違いだよ。毎日、払ってくれる金額に見合うパンを焼き続けるというのは相当プレッシャーだと思うし、毎日同じパンでは飽きられるからどんどん新しいものも開発しないといけないし。既存のパンもより美味しくしないといけないし、コストのことも考えないといけないしで、大変だってこと。そんなスゴイブーランジェ相手に負けるの当たり前。

チーさん
チーさん

そうだね。私のは自分たちで食べて美味しければオッケー!だもんね。どんどん趣味で失敗覚悟でチャレンジしてみるよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました