ジャムおばさんのエコ生活

ありま料理

こんにちは! 『ありのままシニア夫婦の日常ラジオ』はじまります。

今回の放送はチーさんです。

ヒーさん
ヒーさん

こんにちは~!アシスタントのヒーさんです。

ヒーさん
ヒーさん

最近さぁ、本題より吹き出しのチャチャ入れのほうが多くなってきていて、ちょっとうるさい感じがするので、少し抑えめにしてくね。

チーさん
チーさん

気づいた?お口チャックの放送で自覚できたんだぁ。

ヒーさん
ヒーさん

まぁね。少し抑えたほうがいいかなくらい。でも、全く無くなったら寂しいと思うから、少しは残すけどね。

チーさん
チーさん

その少しが問題よぉ。よく考えておいてね。

さぁ始めますよ!

緊急事態宣言中は、殆ど買物にも出ず、けっこう通販を利用していました。

解除になった今でも、ちょっとまだ混み合うスーパーに行くのが怖い私です。

でもヒーさんも娘も殆ど通常どおりの生活になり、家族間でもコロナに対する温度差⁈を感じる日々です。

そんな通販に夢中になっていた頃、娘がメルカリで「小夏」という果物🍊を注文してくれました。

この柑橘、宮崎県では日向夏、高知県では小夏、静岡県ではニューサマーオレンジと呼ばれていて、外皮の内側にある白いワタも美味しく食べられるんです。

更に、外皮も農薬の心配なく使えます!とあったので、食べる度に外皮もカットして冷凍保存していました。

そして5㎏の小夏を食べ終え、貯まった外皮はなんと1.2kg、大きなボウルに一杯になりました。

これを下処理して大鍋でジャム作り!かき混ぜるのにも一苦労で腕が痛くなる量でした。

それに使った砂糖の量を考えると、ヒェ〜😱って感じですが、出来上りを瓶詰めして眺めると、すごぉく心が満たされました💕

実は、今回の自己満足は、いつもに加え満足度が高いんです✌️

それは、小夏の果肉も頂き、白いワタも頂き、外皮も頂き…もう捨てるところ無し❗️めっちゃエコだ〜❗️と思ったから。

チーさんよくやった‼️と自分を褒めたたえました👏

ヒーさん
ヒーさん

ぷふぁ~っ!息苦しい~。黙ってるの。

チーさん
チーさん

そんなにガマンしなくていいのよ!

ヒーさん
ヒーさん

そうだけどさぁ、いい感じで話がテンポよく進んでたから、しばらくじっと聞き入ってたってわけ。

チーさん
チーさん

そうね、聞いている人もそのほうが、話の流れがスーッと入ってくるって思っているかもね。

ヒーさん
ヒーさん

まぁ、小夏は、ほんと娘に感謝だったなぁ。甘くておいしかった。もうなくなっちゃったの??

チーさん
チーさん

なくなっちゃったわよ。

結構長い間楽しませてもらったよね。

おっと、パンの紹介もしないと、、、、

スポンサーリンク

<今日の一品>

紅茶と文旦ピールのパン

紅茶葉と自家製の文旦ピールを刻んで、生地に混ぜ込みました。

文旦ピールの苦味が優って、紅茶感があまり出なかったのが残念💦

クルミやレーズンを加えると更に美味しくなるかも。

ヒーさん
ヒーさん

なぜ~なぜ~あな~たは~~~

チーさん
チーさん

なに?

ヒーさん
ヒーさん

安全地帯 恋の予感

チーさん
チーさん

それはいいから、なんなの?

ヒーさん
ヒーさん

いやぁ、小夏からの小夏ジャムでしょ?そしたらパンもその流れで小夏ジャムパンかと思いきや、文旦ピールって!!小夏ちゃんに申し訳ないと思わないんですか!!っての。

チーさん
チーさん

そういうのが余計ってことですよ。ヒーさん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました