何故か懐かしい響きがある『おから人参パン』 話題は”シニアのプチ贅沢”です

ありま日常

こんにちは!『ありのままシニア夫婦の日常ラジオ』はじまります。

今回の放送はチーさんです。

近所の商店街に珈琲とケーキが美味しいと評判の喫茶店があります。なんと半年ほど前には、かの有名なこんまりさんご夫妻が、美味しい珈琲を飲みに来訪されたそうです。

その店主が先日、ケーキと焼菓子を販売する店「KUTOTEN」(食べログ記事)をオープンされ、早速おやつタイムにと買ってきました。

ヒーさん
ヒーさん

1日の中に句読点を打つような時間が持てるお菓子の提供がコンセプトだって。毎日句読点打ちたいよ。オレは。

とっても小さなお店なのですが、朝から行列ができていました。

順番を待って店内に入り、ショーケースのケーキに大好きなモンブランを見つけ釘付けに💕

私、ケーキの中でモンブランが一番好きなんです。その次がチーズケーキ。

ポップには「栗のミルフィユ」と記され、中はミルフィユ生地にカスタード、周りはマロンクリーム、そしてトップにはピスタチオクリームと栗。まぁ贅沢なケーキです🍰

ヒーさんには “人気No.1”とポップに添えてあった「キャラメルムース」です。口どけ滑らかなムース生地の下には、キャラメリゼしたアーモンドとバナナが敷かれていてます。かなりキャラメリゼ感⁈が強いムースです。

リモートワークだったヒーさんと一緒におやつタイムを堪能しました。

ケーキのお値段は正直、高い❗️です。

素材へのこだわり諸々がお値段に反映されているのでしょうが…庶民シニアにとっては、たま〜にプチ贅沢する時にしか買えないお値段かも💦

ヒーさん
ヒーさん

たまに食べるおやつならいいよ。月に1回も買うことないもん。

スポンサーリンク

<今日の一品>

何故か懐かしい響きがある『おから人参パン』

先日のマーマレード作りで、河内晩柑の皮をカットするのに利き手を使い過ぎてしまったようで、手首が痛くてパンが捏ねられない😭

そんな訳で混ぜるだけのパン?お菓子?を作ってみました。

生おから、人参ペースト、卵、ラカント、ベーキングパウダーのみで粉類は使いません。

卵以外の材料を入れて混ぜます。

こんな感じでポソポソ生地になりました。

ここに溶き卵を少しずつ入れて水分調節していきます。

おからを炒らず、生おからをそのまま使ったので、水分が焼き上がりにどう影響してくるのか…不安を抱えながら6個に成形😅

170度で25分焼きました。オレンジ色だった生地が焼き上がると黄色っぽくなりました。でも殆ど膨らみは出ません。

おから独特の香りは消え、パサついて口の中の水分を持ってかれちゃう(笑)ような感じも無くしっとりした口当たりでした。

ヒーさん
ヒーさん

なんだよ、水分持ってかれちゃったのかと思ったら、違うのね。

ラカントと人参の甘さがあるので、パンというよりおやつかな。

ただ、おからなので、どうしても飲み込む時に喉につっかえる感じ⁈はあるので、是非、飲み物☕️と一緒に😅

あと、お腹の中で膨らんで、少し経つとかな〜り膨満感になります💦

ヒーさん
ヒーさん

今日のケーキ。久しぶりで美味しかった。

チーさん
チーさん

あら、良かった。どうだった?コスパは?

ヒーさん
ヒーさん

チーさんのモンブランが1000円弱でしょ。僕のが600円くらい。チーさんのは高いね。だけど、自宅で食べると、飲み物代がかからないからカフェで食べること考えれば安いね。

チーさん
チーさん

リピあり?

ヒーさん
ヒーさん

ありでしょ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました