ジャン フランソワ 東京ミッドタウン日比谷 美味しいパンを探さんぽ

ありま日常

こんにちは!『ありのままシニア夫婦の日常ラジオ』はじまります。

人生60年1度もマリトッツォを食べたことが無いヒーさんの当番です。
最近ですよね、このお菓子?が有名になったのは。
パックマン(昔のゲームキャラです💦)が生クリーム頬張ったような形で、一度でいいから溢れんばかりのマリトッツォが食べてみたい。

スポンサーリンク

ブーランジェリー ボヌール

以前、美味しいパンを探さんぽで、東急東横線の元住吉のお店を取り上げ、そのクオリティの高さに驚いてしまったこのお店ですが、東京ミッドタウン日比谷というこんなにナウいところにありました。『ブーランジェリー ボヌール東京ミッドタウン日比谷店』です。

12月も後半の土曜日だったので、東京ミッドタウン日比谷はものすごい人人人でした。

じゃなくて、今日は『ジャン フランソワ 東京ミッドタウン日比谷』です。

以前は横浜のポルタ店で買って記事にしてるので、2度目の登場です。

ジャン フランソワ 東京ミッドタウン日比谷

買ったパンを自宅まで持ち帰るのが我慢できない私たちのような人のためか知りませんが、狭いけどイートインがありました。でも、入店制限してないので、店の中は大渋滞。

入り口にお店のイチ押し的なパンが並びます。どれも美味しそうで目移りします。

店内が混んでるので、直感を頼って一つ目はこちらの『バゲット』です。
見つけたとき2本あったけど、ご婦人も狙っていて同時に1本ずつピックでした(汗)

どこで買っても一緒じゃんと、言ってしまえばそれまでですが、お店ごとのこだわりとか質感、香り、硬さなど微妙な違いがあるのを楽しめるので、ありのままシニア夫婦が買う品としてほぼレギュラーです。

次に選んだのが、チーズ系のこちら『パン・オ・チェダー』

もちもち食感とかチェダーチーズがたっぷりとか、購買欲を掻き立てられます。
スルーできませんでした。

他には、狭いスペースを縦のディスプレイで工夫して、豊富な種類のパンがぎっしりと出迎えてくれます。

会計のために並んでいると奥の工房が見えました。工房の手前には粉が山積みです。
これが全部パンになっていくんだなと、感慨に耽ってました。お店のやる気みたいなものが発散されてくるようです。

お店を出て、チーさんに『お土産あるよ~』とLINEで連絡したら、いつものような反応でした(笑)
昔飼っていたワンコがご飯待っている時のイメージです(笑笑)

ワンコ、いやチーさんが待っている家に帰宅して、早速、整列して記念撮影させてもらいました。
美味しそうです。しかし量的には寂しいですね。シニア夫婦の食べきり量だと、これくらいが限界です(泣)

小麦全粒粉のバゲットです。クラストしか見えませんが、クラムは弾力がありしっとりしてました。
色もコンガリ小麦色。小麦だから当たり前か(笑)

『パン・オ・チェダー』はチェダーチーズの香りが濃かったです。味ももちろん濃厚。もちもちしていて、6切れのうちチーさん4切れでした。私2切れ。いつも通りの配分です(泣)

その分、バゲット沢山食べましたが、完食できず翌朝にまわすことになりました。
劣化しないようにラップして密閉して室温で保存して、翌朝トースターに入れずそのまま食べたけど、全然劣化してなくて美味しかったです。

ヒーさん
ヒーさん

横浜ポルタ店はさぁ、『食べログパン百名店 EAST』にエントリーしてたじゃんか。東京店は3.6点でもエントリーしてないんだよ。しってる?

チーさん
チーさん

そうなんだ~。東京だけでスゴイね。エントリーするには3.7以上必要ってことだ。

ヒーさん
ヒーさん

でも、味には関係ないからね。やっぱり美味しいよ。イートインで食べたいけど、年末は避けたほうが良さげだったな。

チーさん
チーさん

東京ミッドタウン日比谷はいつも混んでるんじゃないの。自分のテリトリーの横浜で十分よ。

ヒーさん
ヒーさん

だな~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました